株式会社 永和商事

このプロジェクトは、女性の視点や感性をホール運営に反映し、
お客様から更に支持される会社作り、
お店づくりを推進していく為に2014年6月に発足しました。
メンバーは、各店の社員や本社社員で構成され、
様々な視点からアイデア出しを行なったり、
互いが成長を後押しできる学びの場として取り組んでいます。

活躍の土台となる環境づくり

活躍の土台となる環境づくり

男性と等しく女性が活躍できる土台としてライフワークバランスが必要です。プロジェクトでは男女ともが働きやすい環境づくりについて協議・提案を行っています。社内においてもライフワークバランスの推進は更に加速しており、産休・育休を取得後、職場復帰した正社員・アルバイトも数多く活躍しています。

女性の視点・感性で営業力強化を

女性の視点・感性で営業力強化を

ホール配属社員が中心となり、定期ミーティングや同業他社様との交流勉強会に取り組んでいます。社内は勿論、社外の女性と共に学び、意見交換をする中で気づきや学びが多くあります。この取り組みもひとつの成長機会としてホール運営の中で女性の力を更に発揮していきたいと考えています。

メンバー紹介

加藤祐子
総務部 人事課 課長
加藤祐子
女性活躍推進プロジェクトの発足からリーダーとして活動に参加してきました。現場の意見を吸い上げるところから始まり、環境の整備や、新しい制度の導入を経て、社内の理解もありすこしずつではありますが女性が活躍しやすい職場を創ることができつつあると感じています。最近では、他社との交流会を行うなどして、個々のスキルアップを図りながら、プロジェクト本来の大きな目標である、能力を十分に発揮することでの「営業力の強化」にも繋げられるよう取り組んでいます。今後も、更に女性が働きやすく、存分に輝ける職場創りを進めていきたいと考えています。
中渡康代
ウイング石巻店 マネージャー
中渡康代
女性活躍推進の活動の一環として、他社との交流などを行い、様々な事への視野が広がりました。環境面の整備・女性の戦力化を目指す上でまだまだ出来る事があると感じています。まずはこのメンバーで試行錯誤し、女性が大いに活躍出来る環境づくり、そして女性社員のチームワークを構築していきたいと考えています。自分達が切り開き、よりよい職場づくりを目指します。
中岡玲奈
ウイング玉城店 リーダー
中岡玲奈
産休、育児休暇から復帰してもうすぐ2年になります。 復帰前は家庭と仕事の両立に不安を感じていましたが 社内の理解と協力のおかげで毎日やりがいを感じながら仕事が出来ています。これからも男女に関わらず上司や先輩に何でも相談できる環境を創り助け合える仲を築くことが、復職後も仕事と家庭を両立する環境を整えるうえで大切なことかなと思っています。
佐藤恵子
総務部総務課 副主任
佐藤恵子
私たちは女性社員の働きやすい職場環境の整備や会社の新しい社風づくりを模索しながら進んできました。現在では働く女性に対する社内の理解も進み、制度利用に対する社員のハードルが以前と比べて大きく下がってきたという事を実感しています。私も育児と仕事を両立してきた先輩として今後も女性が働きやすい職場づくりに貢献していきたいと考えています。

取り組み紹介

社内定期ミーティング

社内定期ミーティング

定期的に本社に集まり、各メンバーの取り組みの振り返りや、意見交換のミーティングを行っています。

社外交流

社外交流

企業の垣根を越えて、定期的に同業他社の方々と交流会を開催し、情報を共有したり、講師の方を招き、女性が活躍するために何が必要なのか勉強しています。

P-WOMEN'S FORUM

P-WOMEN'S FORUM

業界の女性活躍推進に力を入れている企業が一堂に介する、フォーラムにも積極的に参加しています。昨年は当社の取り組みも紹介させて頂きました。

行動計画

従業員全員が働きやすい環境に

従業員全員が働きやすい環境に

永和商事では、行動計画を策定し、従業員が仕事と子育てを両立し、働きやすい環境の整備に取り組んでいます。

行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

計画企画

2021年4月1日~2023年3月31日までの2年間

内容

目標①
1つ上位の職階へ昇進した女性労働者の割合を10%とする。

<対策>
●2021年4月~
・経営層や管理職を対象に会議で女性活躍に関する意見交換の実施
●2021年5月~
・女性管理職に対するヒアリングの実施
●2021年6月~
・昇進・昇格の評価基準や運用等の確認及び見直し

目標②
計画期間内に育児休業の取得率を次の水準以上にする。

男性社員・・・取得率を 7%以上にすること
女性社員・・・取得率を75%以上にすること

<対策>
●2021年4月~
・母性健康保護を考慮した担当部署への情報提供の仕組み化
●2021年5月~
・妊娠中の女性社員のヒアリング・フォローアップの実施
・制度の周知と情報提供の実施
●2021年6月~
・社内の女性社員及び同業他社との情報交流の実施
●2022年1月~
・男性の育児休業取得推進検討・実施